投信、外貨建てに苦情

一時期の円高トレンドは大きく変化し、一気に円安になりました。素人から見れば、外貨建てで資産を保有しておけば大きな利益を得られると考えるのが普通です。そのために、海外資産に投資をしたいという人が増えてきたと言えるでしょう。投信もその一つです。
しかしながら、リスクとリターンとの関係を知れば、儲けやすいものはリスクが高いと言うことも分かるのですが、これを説明せずに販売する業者もいるようです。これによって苦情が大奥発生しているようですが、契約を結んだ以上は後の祭りとしか言いようがないでしょう。

日本円の金利はきわめて低いですから、外貨で運用をすれば高い利回りで運用できる可能性が高いと考えられます。しかしながら、基本的には外貨ですから為替リスクをはらんでいることを理解しておかなければなりません。儲けやすいものはリスクが大きいと言うことだけでも知っておけば被害には遭いにくいのですが、それすら知らずに投資をするのは非常に危険なことです。外貨建ての資産は基本的にハイリスクだと考えておく必要はあります。為替リスクの分だけリスクは高くなりますから、この点には注意しておきましょう。そのリスクを覚悟した上で高い利回りを求めるべきかどうかを判断しなければならないのです。

コメントは受け付けていません。