法律での規制はどうなっているか

近年では多種多様なサービス形態が存在し、様々な職業が存在します。
少し前まではサラリーマンやOLといった雇用形態が一般的でしたが、現在では在宅ワーカーや個人で企業をされる方が数多く存在してます。
また不景気による雇用形態の悪化が原因で就職をしない若者も続出しており、日本経済の崩壊が懸念されています。
派遣制度やアルバイトなど様々な雇用形態が存在する中で、最近とても注目を集めているのが違法性の高い副業や内職の勧誘です。
現代ではここ数年の不景気が原因で、様々な詐欺団体などが続出してきています。
}PgžxQ特にアイドルになれるから事務所で働かないかと誘い、実際はアダルトビデオやキャバクラの営業をさせられるといった被害も多くなってきています。
男性の場合は投資による詐欺の被害が多くなってきているようです。
これらの違法な勧誘や雇用形態、詐欺に対しての法律による規制はどうなっているのかと言いますと現状では全てを取り締まる事が難しいものとされています。
多くの違法な事務所や詐欺団体は違法にならないギリギリのグレーゾーンと呼ばれるラインで全てをおこなっており、泣き寝入りになってしまっているのが現状なのです。
その為あまりにも怪しい勧誘や仕事は避けた方が良いでしょう。
また、仕事の内容がはっきりしていない高収入の求人も注意が必要です。

コメントは受け付けていません。