‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

断り方,消費者センター,クーリングオフ規定

2014/10/24

今日日ではデフレスパラルを抜け出し景気が上向き傾向を見せてきたとは言え、中小企業にはまだまだ景気が良いという実感が無い中で、子供の教育費等は勿論の事、将来の老後設計を鑑みれば、「耳寄りな儲け話」があれば飛びつきたくなるのは人情というものです。
その様な状況を逆手に取り「この資格を取れば評価は格段に高くなり高収入が望めます」とか「自宅で初心者でもパソコンでデーター入力やホームページ作成を行えば10万円の収入は確実」とか「この度独自に開発した健康食品のモニターになって頂ければモニター料金を獲得出来ます」等の謳い文句で、突然電話で勧誘してきます。
そこで安易に承諾してしまうのは危険な事ですが、相手の勢いに押されて承諾してしまい、後になって悪徳商法となっている事が判明するといった事が増加しており、消費者センターにも多数相談が寄せられているのです。
車03ですから興味がなければ契約をする前に電話であれば「興味ありません」と一方的に伝え、電話を切るというのが最も簡単な断り方である事は間違いありません。
もし契約を解約したい旨を後になって契約した業者にクーリングオフの連絡をして「これはクーリングオフ出来ない」とか「警察沙汰にしても良いのか」等と脅しを掛けてくる業者もありますので、ここで怯まずクーリングオフ規定では「書面で契約をして8日以内であれば解約出来ると定められている」事を伝えて下さい。
それでも相手が応じない場合は「弁護士に相談する」と伝えれば、悪徳業者自身が行なっている事が違法行為である事は認識しているので、問題は解決する筈です。

法律での規制はどうなっているか

2014/10/24

近年では多種多様なサービス形態が存在し、様々な職業が存在します。
少し前まではサラリーマンやOLといった雇用形態が一般的でしたが、現在では在宅ワーカーや個人で企業をされる方が数多く存在してます。
また不景気による雇用形態の悪化が原因で就職をしない若者も続出しており、日本経済の崩壊が懸念されています。
派遣制度やアルバイトなど様々な雇用形態が存在する中で、最近とても注目を集めているのが違法性の高い副業や内職の勧誘です。
現代ではここ数年の不景気が原因で、様々な詐欺団体などが続出してきています。
}PgžxQ特にアイドルになれるから事務所で働かないかと誘い、実際はアダルトビデオやキャバクラの営業をさせられるといった被害も多くなってきています。
男性の場合は投資による詐欺の被害が多くなってきているようです。
これらの違法な勧誘や雇用形態、詐欺に対しての法律による規制はどうなっているのかと言いますと現状では全てを取り締まる事が難しいものとされています。
多くの違法な事務所や詐欺団体は違法にならないギリギリのグレーゾーンと呼ばれるラインで全てをおこなっており、泣き寝入りになってしまっているのが現状なのです。
その為あまりにも怪しい勧誘や仕事は避けた方が良いでしょう。
また、仕事の内容がはっきりしていない高収入の求人も注意が必要です。

お礼商法やアポイントメント商法に注意

2014/10/24

石川五右衛門の辞世をもじれば、「浜の真砂は尽きるとも世に悪徳商法の種は尽きまじ」というところでしょうか。不況の中、何かうまい話があってほしい、というのは人の情につけこむ次のような悪徳商法にはくれぐれも気をつけましょう。
まず、人の多く集まる場所で、アンケートに答えればお礼に何かをプレゼントします、という手口で、「お礼商法」と呼ばれます。アンケートに答えると、確かに無料でもらえますが、そこからが落とし穴です。例えば、浄水器をもらうと長期のカートリッジ交換の契約を結ばせたりします。これが割高なのは言うまでもありません。異なるバージョンとしては、くじを引かせ、「当たりました!」と言う方法もあります。
また、「あなたは特別に選ばれたので、プレゼントを差し上げます、(または格安で何かが購入できます)」などという電話があったら、「アポイントメント商法」を疑いましょう。
エサにつられて連絡したり、指定された場所に行くと、別の高額な商品のセールスを受けます。商品は何かの会員券、パソコン、自己啓発や英会話教材、宝石、美術品、など多種多様です。このような勧誘には最初の段階で乗らないことが大切で、はがきなら無視し、電話ならはっきりと断って一方的に電話を切ってしまうことです。
さて、万が一契約してしまった場合です。その業者の営業所以外での契約ならば8日以内ならばクーリングオフの対象になりますが、営業所で契約した場合は出来ません。ただし、本来の目的を告げずに営業所に呼ばれていった場合は、クーリングオフの対象になりますが、電話でのやりとりは言った、言わないの水掛け論になる可能性が高いでしょう。

増加する契約トラブル

2014/10/24

あの手この手で誘いの手を伸ばす悪質商法は増加する一方です。高齢者のみならず、スマートフォンやインターネットをとおして若者層にもターゲットが広がり、訪問販売やクレジットカードを介した契約トラブルが相次いでいます。消費者心理を上手く利用した巧妙な手口で、時代を反映したものから、古典的な手法まで、悪質商法の種類は多種にわたります。特に、長引く不況から給与が減ったり、リストラ、就職難という世相を反映して、内職・資格・モニター商法という、いわゆる副業に関した詐欺まがいの契約が目立ちます。

受講するだけで簡単に資格が取れます、どなたでも簡単に自宅で高収入!パソコンでの簡単な入力業務です、在宅ビジネスで毎月50万円の収入が確実に得られます、モニターになれば報酬があります、こういった広告で関心を集めて勧誘します。悪質業者の場合は、まず初めに教材や商品、ソフトなどを先払いで契約させて、実際には取り組めないような無理難題を提示し、解約料を上乗せ請求する、など次々に現金を用意するように迫り、ローンを組ませる場合もあります。巧妙な逃げ口も用意されているので、いったん支払ってしまったお金は取り返すことが困難です。
甘い言葉、うますぎる話しは信用せず、疑問に思ったら契約する前にきっぱりと断ることが必要です。そしてもし被害に合われた方はすぐに身近な消費生活相談窓口に相談しましょう。

不況で増え続ける内職・資格・モニター商法

2014/10/24

近年、長引く不況の影響で、様々な分野において問題が生じているようです。正社員で働いているからと将来安泰と余裕でいられるような人は皆無で、どんな職業についていたとしても、将来に不安を抱えている人はいなのではないかと言われるような時代となってしまいました。夫婦共働きで家計を担っている家庭も多く、こういったことから、結婚に消極的にならざるを得ない男性が多く、結婚適齢期と言われる時期に差し掛かると、婚活を行わなければ自然に結婚さえままならないといった意識が女性たちの間には漂っているよ新幹線02うです。また、妊娠、出産により収入が途絶えてしまった主婦たちや、下がり続ける給料を補填しようと頑張る男性たちが、内職商法や資格商法、モニター商法などの詐欺被害に遭ってしまうといった事件も頻発しており、私たちは更に気を引き締めて、自分たちの大切な財産を無くしてしまわないように心がけなければなりません。今の時代はインターネット時代とも言われるように、身近なパソコンやスマートフォンで、さまざまな情報を得ることが出来るようになってきました。そんなネットの世界では、犯罪に巻き込まれるような危険はゴロゴロと転がっているので、甘い話には軽く乗ってしまわないよう、常に注意が必要です。

EB債などの複雑な仕組み商品の被害

2014/10/24

投資というと株式や債券が基本となるのですが、それ以外にも様々なものがあります。その中でも仕組み債と呼ばれるものは、高い利回りが期待できるなどのメリットがあるのですが、これによって損失を発生させることもあります。
EB債もその一つです。詐欺的な商品として開発されたわけではなくて、資金調達を容易にするために開発されたものです。転換社債の一種で、株式に転換できるのですが、一般的な転換社債とは違って、発行体とは別の会社の株式に転換できるものを指します。転換社債を発行すればコストを抑えて資金調達ができるのですが、信用力がない会社の場合には発行しても買い手がつかないことがあります。
}PgžxQこのような場合に、信用力のある会社が代わりに発行するという方法をとることができます。例えば、親会社が発行体となるのは良い方法だと言えるでしょう。しかしながら、債券である以上はリスクがあるわけですから、発行体がデフォルトしたときには大きな損失をかかえてしまうと言うリスクがあるのです。企業をきちんと分析していれば良いのですが、素人には難しいでしょう。ましてや、仕組み商品となれば商品設計そのものが複雑になりますから、さらに分析しにくいのです。

商品の理解不足、販売時の説明不足がトラブルの原因

2014/10/24

近年、新聞やニュース番組で、高齢者の詐欺被害が頻繁に取り上げられているようです。このような犯罪は、最初から騙そうと思って相手側も近づいており、お年寄りたちにはあまり非があるとも言えない場合もあります。しかしやはり、物事をなんでも鵜呑みにし、確認しないで受け入れるという姿勢は、このような犯罪を増長していると考えられることがない、とは言い切れません。人間は年を取ってくると、思考回路も停滞し、自分の知らないことを新しく理解しようという能力は衰えがちになってしまいます。

これは普通に商品を購入するときでも、トラブルを引き起こしてしまうことにもつながります。販売者側も、お年寄りが頷いているからといって、説明を完全に理解できたとは思い込まないことです。中には若者並みに新しい技術であっても使いこなせる人もいらっしゃいますが、大多数の人は、きちんと理解できなかったり使いこなせない場合が多いです。先回りしてどういったものを求めているのか、購入後はこういったことが起こりますよ、対処方法はこうですよ、と親切丁寧に説明をする作業を怠らないことが大切です。説明書等に書いてあるからわかるだろうという姿勢では、年寄り以外でもトラブルになりかねません。

投信、外貨建てに苦情

2014/10/24

一時期の円高トレンドは大きく変化し、一気に円安になりました。素人から見れば、外貨建てで資産を保有しておけば大きな利益を得られると考えるのが普通です。そのために、海外資産に投資をしたいという人が増えてきたと言えるでしょう。投信もその一つです。
しかしながら、リスクとリターンとの関係を知れば、儲けやすいものはリスクが高いと言うことも分かるのですが、これを説明せずに販売する業者もいるようです。これによって苦情が大奥発生しているようですが、契約を結んだ以上は後の祭りとしか言いようがないでしょう。

日本円の金利はきわめて低いですから、外貨で運用をすれば高い利回りで運用できる可能性が高いと考えられます。しかしながら、基本的には外貨ですから為替リスクをはらんでいることを理解しておかなければなりません。儲けやすいものはリスクが大きいと言うことだけでも知っておけば被害には遭いにくいのですが、それすら知らずに投資をするのは非常に危険なことです。外貨建ての資産は基本的にハイリスクだと考えておく必要はあります。為替リスクの分だけリスクは高くなりますから、この点には注意しておきましょう。そのリスクを覚悟した上で高い利回りを求めるべきかどうかを判断しなければならないのです。

増え続けている金融商品のトラブル

2014/09/26

金融商品を利用するときはトラブルに気をつけたいところです。本当に色々なトラブルがあるので、どのようなトラブルが多いのかを調べておくことは大切です。まず、一般的に最も気をつけたいことは、金融会社選びだと言えます。法律を守らない悪徳業者も多いので、こうした業者を利用しないように注意をすることは大切です。どのような会社でも、お金を借りると利息を支払うわけですが、この利息において過払いには気をつける必要があります。
飛行機03過払いは社会問題としても大きく問題視されたトラブルです。また、近年ではほとんどの金融会社はインターネットに対応していますが、インターネットを利用したトラブルも増えています。インターネットを利用しますと、自分が利用している会社の公式サイトからログインして、そこで預金の管理をすることができたり、お金を借りることができたりします。このような作業をするためにはIDやカード番号、そしてパスワードが必要になります。自分のこうした番号を盗み取られてしまい、勝手にお金を引き出されてしまうというトラブルは非常に増えています。それぞれの金融会社がトラブル防止のために情報を公開しているので、しっかりとチェックしておくと良いです。